X01HT方式でいきましょう。

SoftBank X01HTの覚書。 なお、このブログを参考にして行われた設定、改造など一切のことにおいて、いかなる事象が発生しましても、管理人は一切責任を負いません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

X01HTで Microsoft Voice Command 1.6 -電話関連操作編-

過去にちらっと書きましたが、私はX01HTにMicrosoft Voice Command 1.6を入れて使っています。
以前の記事"Blog Entry -2"より、電話関連操作について多少細かく書いてみようと思います。
ボタン割り当ては、設定-ボタンからできます。
なお、Windows Mobile 5 なら使えると思います。

X01HTの場合、インストール直後にはメールボタンに割り当てられてしまうので、メモボタンに割り当てなおしました。
こうすると普通に押してVoiceCommand、長押しでメモが起動します。
(ただし、長押しはボイスメモなので録音が始ります。しかし、微妙なタイミングで離すと録音が開始されずにメモが起動しますw)

以後、「 」は自分のしゃべる内容、『 』はVoiceCommandがしゃべる内容です。

・電話関連操作
 -準備-
もともと英語版のソフトなので、日本語は認識してくれません。
そこで、英語で電話帳を見つけられるようにする必要があります。
どうするかというと、
電話帳の"名前: → ニックネーム:"に英語で登録しておきましょう。
こんな感じに。
20070610115210h.jpg



私の場合"自宅"の場合は"Home"としています。

ただし、日本人名の場合、ニックネームはローマ字で登録することになるのですが、その場合、英語発音だと全く別の発音になることがあります。
注意しましょう。大抵認識してくれますが。
たとえば。
リョウタという名前を登録したとしましょう。
ローマ字表記では"Ryota"となるとおもいます。
この場合、Voice Commandを使った場合、たいていは"リョウタ"で認識してくれますが、聞き返されるときには
"ラィオタ"と発音されています。
認識されにくい場合は上記のことを考えて発音する必要があります。


-電話帳から電話する-
ボタンを押し、「ピコン」と音がしたら
call + (先ほど登録したニックネームを英語発音で) としゃべります。
たとえば。

「Call, "Konata Izumi"」

こうすると、VoiceCommandが

 『Call, "Konata Izumi"?』

と聞き返してきます

「Yes.」

と返事しておきましょう。
すると 「ピポパポッ」と効果音がして発信されます。
もしも出てきた名前が違うものであれば、
"Yes."ではなく、"No."と答えましょう。
そうすると

『Try again.』

と言われるので、

「Call, (ニックネーム)」

と言いなおしましょう。
英語っぽく発音しないと難しいですよw
もしも認識してくれなくて、やっぱいいや となった場合、『Try again.』と言われたあとに

「Cancel.」

と言えばコマンド認識が中止されます。


-電話番号を指定して電話する-

これはかなり難易度が高いです。
というかほぼ使えません。
なぜかというと、数字の発音がヘタクソなのか、認識率がわるいのかもうだめだめです。
たとえば。

「Dial, Zero(0)-Nine(9)-Zero(0)-One(1)-Two(2)-Three(3)-Four(4)-Five(5)-Six(6)-Seven(7)-Eight(8).」
などとがんばって発音しても、

『Dial, One-Zero-Zero-One-One-Two-Two, collect?』
などとめちゃくちゃになって聞き返されます。

もちろん
「No.」

と答えると
『Try again.』
と言われるもののトライアゲインする気力がなくなるほどめちゃくちゃなので、
「Cancel.」
で中断します。

それと、3桁の番号の(SoftBankカスタマーセンター:157,時報:117など)"1"で始まるものはまず誤認識されます。
こんな風に。

「Dial, One(1)-Five(5)-Seven(7).」

というと、

『Dial, Pound(#)-Five(5)-Seven(7), collect?』

となぜか頭の"One(1)"をナンバーサインの"Pound(#)"と間違えられます。
発音も似ているので、そちらに飛んでしまいます。
どんなに頑張って発音してもPoundになっちゃいました。
英語圏では電話番語の頭にナンバーサインをつけたりするのでしょうか。

というわけでこれは使えず。
ごくたまに0から始まるもので成功しますが、滅多に成功しません。


-電話帳を開く-
通常特定の電話帳カードを開くときは
連絡先ー頭文字のカタカナー該当カード
とタップして開きますが、Voice Commandを使うと一言でみつけられます。
こんな風に。

「Look up, "Konata Izumi".」

これも先ほど電話帳に登録した英語のニックネームを発音します。
認識されれば、なにも応答なしに該当電話帳カードが表示されます。
誤認識されれば意図しないカードが表示されることもあります。


-最新の着信履歴にコールバックする-
これは簡単便利。

「Call back.」

と言えばいい。
すると

『Call back?』

と尋ねられるので、

「Yes.」

これでオッケー。


-リダイヤルする-
コールバックと同じく。

「Redial.」

『Redial?』

「Yes.」

これでOK。


実際VoiceCommandを目立つような場所でやると恥ずかしいです。(日本人ゆえの何と言うか...orz)
私は時々これを使うのですが、できるだけさりげなくやってます。

X01HTをスッとポケットから出してそのまま耳に当て、通話体制。
そのままVoice Commandのボタンを押して
「Call, Home.」
という感じで。

あと、駅前で歩きながら電話する必要があるシーンって結構ある気がするのですが、下を向いて操作するのも危ないし、めんどくさいし、やりずらいですから、そういう場合に便利ですね。
Voice Commandを使っている人を見ても冷徹な目線を向けてあげないでください。ww

スポンサーサイト
  1. 2007/06/10(日) 12:56:06|
  2. X01HT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<X01HTの利用料金その6 (5月) -自重しました。- | ホーム | X01HTをウェブカメラとして使う -WebCameraPlus->>

コメント

>しんべえ 様

訪問いただきありがとうございます。
返信できずにすみませんでした。
ご自身で解決されたようにX01HTには
Windows Mobile 5.0 Pocket PC Phone Edition
が入っておりますので
powered Pocket PC Version
でないと動かないかもしれません。

  1. 2007/12/18(火) 18:02:24 |
  2. URL |
  3. hermer@author #-
  4. [ 編集]

スマートフォン用じゃだめということでした。
X01だと、Pocket PC Editionなので。
機械はスマートフォンですけどね、見た目。
  1. 2007/12/15(土) 22:21:02 |
  2. URL |
  3. しんべえ #-
  4. [ 編集]

昨日、Microsoft Voice Command 1.6を買ったのですが、X01HTにInstallできません。
ハードリセット直後Installもやったので内蔵メモリが不足しているということはありません。
PCには入るけど、本体に入れると「失敗」。
CABを直接持ち込んでも「失敗」。
Handangoには、Smartfon用とそうでないのがあったのですが、Smartfon用はX01に使えないんでしょうか。
  1. 2007/12/14(金) 10:16:30 |
  2. URL |
  3. しんべえ #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/06/10(日) 21:21:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>Konata Izumi
wife?
  1. 2007/06/10(日) 18:53:09 |
  2. URL |
  3. みみなし #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hermerx01ht.blog86.fc2.com/tb.php/37-5d555ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Access Counter


X01HT関連商品

Profile

hermer

Author:hermer
Profile -hermerはこんな人。-


ご意見、ご質問はこちらまで。

クリックで拡大します。

最近の記事

過去の記事(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

Category

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

あわせて読みたい

あわせて読みたい

Recommend

FON Japan

RSSフィード

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。